2010年03月12日


所得金額

所得の種類によって計算式が違いますが、総収入に税金をかけるのでは無く、その所得の性質に合わせた控除がまずされます。一般個人の所得は給与所得や雑所得で、この所得金額を求めてからさらに、基礎控除や扶養控除や医療費控除を行う事になります
所得ごとの所得金額の計算式
利子所得収入金額=利子所得の金額
配当所得収入金額−その元本を取得するために要した負債の利子=配当所得の金額
不動産所得総収入金額−必要経費=不動産所得の金額
事業所得総収入金額−必要経費=事業所得の金額
給与所得収入金額−給与所得控除額=給与所得の金額
退職所得(収入金額−退職所得控除額)×1/2=退職所得の金額
山林所得総収入金額−必要経費−特別控除額=山林所得の金額
譲渡所得総収入金額−(取得費+譲渡費用)−特別控除額=譲渡所得の金額
一時所得総収入金額−その収入を得るために支出した金額−特別控除額=一時所得の金額
雑所得(公的年金等の収入金額−公的年金等控除額)+
(公的年金等以外の総収入金額−必要経費)=雑所得の金額
給与所得の計算式は、国税庁の No.1410 給与所得控除|所得税|国税庁 にありますが、これは概算で端数切り捨て等を行う正確な計算方法が別にあります。毎年の「確定申告の手引」に書かれているはずです。



関連する記事



タグ:確定申告
【税金の最新記事】
posted by at 2010-03-12 21:48 | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します