2014年01月05日


「Visaデビット」と「J-Debit」の違い

どちらも、消費者から見た機能的には同じですが、使えるお店が違います。

「Visaデビット」

Visa の加盟店で利用できます。いわゆる「Visaのマークのあるお店」です
( インターネットでも使用できます )

※ Visa デビットを発行しているのは、現在7行のみ発行です(+埼玉りそなで8行)

★ 楽天銀行:楽天銀行デビットカード
http://www.rakuten-bank.co.jp
★ スルガ銀行:SURUGA Visaデビットカード
http://www.surugabank.co.jp
★ ジャパンネット銀行:JNBカードレスVisaデビット(ワンタイムデビット)
http://www.japannetbank.co.jp
★ りそな銀行:りそなVisaデビットカード<JMB>
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/hiraku/visa_debit/index.html
★ あおぞら銀行:あおぞらキャッシュカード・プラス
http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/use/cashcard_plus/
★ 近畿大阪Visaデビットカード
http://www.kinkiosakabank.co.jp/kojin/mottobenri/visa_debit/index.html
★ 三菱東京UFJ-VISAデビット
http://www.bk.mufg.jp/tsukau/visadebit/index.html

「J-Debit」

J-Debit の加盟店で利用できます。
※ インターネットでは使用できません
但し、運送業者が代金引換の一つの手段として「J-Debit」に対応している場合はご自分の家の前で商品と引き換えに使用する事ができます

★ 楽天銀行のキャッシュカードは J-Debit に加盟していません

大きな銀行を含めて、多くの金融機関が加盟しているので、「デビット」の支払いというと、「J-Debit」として取り扱われる事になるので注意が必要だと、楽天銀行のページではそう書かれています。


posted by at 2014-01-05 09:09 | 楽天銀行 : Visaデビット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します