2014年11月27日


Seesaa が『この広告は1年以上更新がないブログに表示されております。』という広告をページの下部に表示しています。

突然開始されました。少なくとも、昨日までは何もなかったはずですが、おしらせを調べても該当するようなものはありません。当然設定するものでは無く、対処は新しい記事を書く事です。

大腸がん検診として公費の補助によりおこなわれている便潜血検査

痔でも陽性になってしまいます。

早期がん発見にはなりにくいです。なんでも、潜血検査は早期癌の半分をみつけることができないそうです。

大腸の内視鏡検査が、最近では1万円くらいでできると思います。大腸ポリープがあった場合にはその治療も同時に行えますが、その際は手術代が3万円ぐらいです。後、病理検査でも費用がかかりますが、何もなければ1万円くらいで済むと思います。


posted by at 2014-11-27 23:35 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します