2011年09月16日


オンラインショッピングで Visa デビットを利用時に注意する「二重引き落とし」について

Visa デビットは、Visa のクレジットと同じシステムで運用されます。

本来は、「クレジットカード」は後払いの為、買った人とは関係無く、店舗はカード会社から代金を受け取ります。但し、店舗がすぐにカード会社( Visa ) へ請求するわけではありません。

クレジットカードの売上は、締め日が存在してその日までに売上票をカード会社に送って初めて売上処理が確定します。しかも、お金の引き落としはその処理で確定してから、カード会社が決めた期日でカードを使った人の口座から引き落とされます。

つまり、少なくとも売上票をカード会社に送る前ならば、書類上で簡単にキャンセルや変更が可能だという事です。その前提でシステムが作成されているところで「Visaデビット」を使って「キャンセル」や「変更」を行ってしまうと二重引き落としが発生します。

「Visaデビット」は、「即引き落とし」なので、処理が完了するとキャンセルを即時に行う事はできません。ですから、システム上「キャンセル」が可能でも、最初の処理は有効で銀行残高が引き落とされたままです。その上他の買い物をすると、さらにそれも引き落とされてしまいます。

買ったほうからすれば、最初のをやめて後のだけが必要なので後だけの請求だと思っていますが、「Visaデビット」ではそうはならずに、どちらも引き落とされます。

もちろん、最終的には「返金処理」がなされるのですが、買った時は即時なのですが、「返金処理」は一定のサイクルで行われる為、かなり遅れて返金される事になります


以下は、実際の楽天の店舗に書かれている注意事項のページです

【楽天市場】ARKnets [支払・配送方法]

店舗側ではクレーム処理がおそらくたいへんなので、「Visaデビット」を使わないようにうながしています。



posted by at 2011-09-16 10:46 | 楽天銀行 : Visaデビット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日


楽天銀行のVisaデビット用暗証番号を忘れた場合


2016年11月21日より、電子メモ欄でのデビット用暗証番号が確認できなくなりました

デビット用暗証番号を失念してしまった場合は、デビットカードの再発行が必要となり、再発行の際はカスタマーセンターへ電話してくれとの事です



Visaデビット用暗証番号は、ログインして確認できます。

「商品・サービス一覧」→「便利な機能」→「電子メモ」へ移動して、お金を移動する時に使う「暗証番号」を入力すると、「電子メモ」のページへ入る事ができます。

「電子メモ」は、15件までテキストのメモを保存できるサービスですが、最初から「Visaデビット用暗証番号」がメモとして登録されているので、それを参照すると番号を確認できます



posted by at 2011-09-14 13:06 | 楽天銀行 : Visaデビット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天銀行デビットカードと暗証番号

楽天銀行デビットカード(Visaデビット機能付きキャッシュカード)

非常に解りにくいですが、「パスワード」ではありません。暗証番号は「数字だけ」で成り立ちます

★ 申し込み時に設定する変更不能の Visaデビットカード用の暗証番号が必ず存在します。

この番号の使い道は少し限定的ですが、暗証番号はICチップに記録されていますので、変更はできません。変更はカードを再発行する必要があります。つまり、これは「カードそのもの」のセキュリティ機能であって、オンラインショップ等で使われる「本人認証」とは違います。

その機能は別にあって、「VISA認証サービス」と呼ばれます。こちらは、パスワードは何度でも変更可能です。目的はオンラインショップでのカード番号等の情報のみで買い物しようとする「なりすまし」への対抗策です。これに、カードそのものの存在は直接関係しません。

★ さらに「キャッシュカード暗証番号」というものが存在しますが、これは変更が可能です。

これは、ATM で現金を引き出す時に使う「暗証番号」ですが、オンラインでお金を移動させる時に使う、楽天銀行内部で使う「楽天銀行の暗証番号」の一部分が使われます。

「キャッシュカード暗証番号」を変更するには、「楽天銀行の暗証番号」の変更が必要です。「楽天銀行の暗証番号」を変更すると、「キャッシュカード暗証番号」も変更されます。



posted by at 2011-09-14 12:50 | 楽天銀行 : Visaデビット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日


マーケティング

Wikipedia を要約すると、まず「売れる仕組み」と考えるのが妥当である。但し、
単純に「広告」=>「売れる」と考えるのでは無く、企業と顧客との関係に重点をおいた考え方であると思われる。

初期段階では、顧客は「商品」を知らずに居る状態であるが、やがて「広告」によって商品を知る事になる。しかしそこには「印象」や「購買意欲」を考えた心理的な要素が必要であり、さらに購買された上でもその顧客との関係を維持し、より良好な企業と顧客の関係性を維持する事によって、次の購買や、他の顧客への連鎖を含め、「企業として成長するしくみ」である必要があると思われる

それらをふまえ、

企業が、顧客が真に求める商品やサービスを作り、顧客との相互理解を得ながら顧客が情報を効果的に得られるようにする市場創造のための総合的活動、と考えられる



posted by at 2011-07-10 19:12 | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフィリエイト(成功報酬型広告)

アフィリエイト、成功報酬型広告と呼ばれるインターネットにおれる一般的な広告。

広告をクリックして商品のサイトに移動する時に、移動元のサイトの情報が保存され、その情報が保存されている間に消費者が買い物をすると、定額または購入金額の n パーセントが支払われる( この n は最初に取り決められている )

報酬例

 某ソフトウェア 6%
 某ファッション関連 20%
 インターネット接続1契約 6,500円

この広告形式の代表的な広告主は、Amazon であり、Amazon では「アフィリエイト」とは呼ばずに「アソシエイト」と呼んでいる。
( しかし、何故か URL は「アフィリエイト」)

「小遣いが稼ぎ」の代名詞のように表現される場合も多いが、実際の収益を上げるのは困難で、相当の専門知識と労力とマーケティングへの努力が必要である。( 殆どの場合、月に1000円以上の収益は困難 )

アフィリエイトをするくらいなら、記事報酬を得るタイプのもので一記事50円としても毎日書けばアフィリエイトを超える計算になる。

ただ、Amazon の場合は、記事に商品の画像を利用できるというメリットもあるのでブログでの利用はアフィリエイト以外にも存在する。


posted by at 2011-07-10 18:19 | 広告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します